紙月日記

ROTH BART BARON 文翔館LIVE チケット販売しています

ROTH BART BARON 文翔館LIVE

12月23日(祝)
会場:山形県郷土館「文翔館」議場ホール
​OPEN 17:00 / START 18:00

一般 ​¥3,000 (当日¥3,500)
大学生以下 ¥2,000 (当日¥2,500)

● 文翔館ライブ特設サイト
https://bearbasetokyo.wixsite.com/rbbbunsyokan

●ROTH BART BARON オフィシャルサイト
https://www.rothbartbaron.com/

 

当店でチケットの販売をしております。

また、サンプル音源を店内でもかけておりますので

ご興味のある方はぜひ聴きにいらしてください。

当店でのチケット販売は10枚限定です。

ぜひお早めにどうぞ。

 

以下、ライブ実行委員長の方のコメントです。


懐かしくてあたらしい。

彼 ら の 音 楽 に 出 会 っ た の は 2 0 1 7 年 3 月 、豪 雪 の 肘 折 温 泉 で 開 催 さ れ た 肘 折 国 際 音 楽 祭 で し た 。 繊細な見た目からは想像ができない、魂を揺さぶられる音楽。 それは、東北で生きる人々への優しくも力強いメッセージに聴こえました。 古いフォークにも影響を受けている彼らの音楽と歴史的建造物である文翔館との組み合わせは、 想像を超えるものになると確信しています。
管楽器や鍵盤楽器などROTH BART BARONの音楽に惹きつけられたミュージシャンを迎え、 議場ホールに色彩豊かな音が鳴り響く一夜限りのスペシャルライブとなることでしょう!

ROTH BART BARON 山形文翔館公演実行委員長

山崎香菜子


紙月書房

お盆休みのお知らせ

8月14日(月)から17日(木)まで、お盆の臨時休業いたします。

よろしくお願いいたします。

 

 

紙月書房

7月~8月の企画コーナーのテーマは「ノベルズ」

今回はノベルズの特集です。
ノベルズは新書版と呼ばれる版型本で、推理系エンターテインメント小説の宝庫です。
松本清張のベストセラー「点と線」「ゼロの焦点」などのカッパブックス(光文社)が代表的なものです。
棚に並べきれないので、床上の籠にも詰め込みました。

 

 

紙月書房

 

 

5月~6月の企画コーナーのテーマは「小林信彦(中原弓彦)」

5月~6月の企画コーナーのテーマは「小林信彦(中原弓彦)」です。

今回は小林信彦(中原弓彦)の特集です。

小説家、エッセイスト、コラムニスト、映画評論家として活躍しています。

特にマルクス兄弟などの喜劇映画、日活黄金期の娯楽映画、テレビ初期のバラエティ、

軽演劇、落語など、「笑い」をテーマにした諸作は注目です。

小説は、私小説とユーモア小説の分野があり、オヨヨ大統領シリーズがおすすめ。

3月~4月の企画コーナーのテーマは「復刻本・児童文学」

3月~4月の企画コーナーのテーマは「復刻本・児童文学」です。

 

今回は児童文学の名作の復刻本です。

児童向けの本だけに装丁の美しさ、可愛らしさが目立ちます。

この復刻本で、美しい装丁や造本技法などをお楽しみください。

 

IMG_0172 IMG_0173 IMG_0174 IMG_0175 IMG_0176 IMG_0177 IMG_0179 IMG_0180 IMG_0181

IMG_0182

 

 

 

紙月書房